Top

最近注目を浴びているのが、プラセンタです。
プラセンタが脚光を浴びているのは、アミノ酸の質と量のバランスや成長因子(グロスファクタ)が含まれていることが確認さております
古い歴史の中でも、クレオパトラやマリーアントワネットといった上流階級の女性たちが年齢に負けない若さを求めるために使っていたそうです。
現代において、化学が発達した現在でも使われ続けているのがプラセンタなのです

プラセンタとは

プラセンタとは、英語やフランス語での呼び名で、日本語では『胎盤(たいばん)』を意味します。
胎盤は、哺乳類が妊娠した時、お腹の中で赤ちゃんを育てる時に形成され、酸素や栄養を与えて、赤ちゃんの発育成長に必要不可欠な器官です。
しかし健康食品や化粧品で俗に言う「プラセンタ」は胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や18種以上のアミノ酸やビタミン、ミネラル、タンパク質、酵素などの栄養素を抽出した物の事です。
人間は出産後、胎盤は役割を終えた臍帯や羊膜とともに後産として体外に排出されます。
人間以外の哺乳類は、産後に羊膜等と一緒に胎盤を食べることが多いようです。
プラセンタには20種類ものアミノ酸が含まれており、他にもタンパク質やビタミン・ミネラル・糖質なども含まれています。
またそのアミノ酸は単体で構成されているため、他のアミノ酸に比べ、体内への吸収率が高いのが特徴です。

プラセンタの種類

馬プラセンタ プラセンタには、ヒト由来、牛由来、豚由来、羊由来、馬由来等があります。
日本では、ヒト由来のものは医薬品として使われており、とくに「プラセンタ注射」が有名です。
ところが最近では、美容目的での使用が注目を浴びています。

ヒト由来に代わるプラセンタの原料として、最初に注目を浴びたのは牛由来でした。
しかし、BSE(狂牛病)や口蹄疫問題などから牛由来のプラセンタの使用は禁止になりました。
その後、化粧品や健康食品やサプリメントに使用されるのは、ほとんどが豚由来になっていきました。
豚由来のプラセンタのメリットは、大量に飼育されており、安定的にプラセンタが手に入るのと、値段が抑えられる事、デメリットはアミノ酸含有量が少なく、安全性にも疑問が残ります
羊由来のプラセンタは海外では良く使われており、医療用の羊のプラセンタを使用したもので、安全性は問題がありませんが、高額な為、続けるのには経済的に苦しい
馬プラセンタはほとんどが国内産で、しかもアミノ酸含有量が豊富!値段も豚プラセンタと羊プラセンタの中間あたりで、現在もっとも注目されているプラセンタです

お薦めのプラセンタ

プラセンタにも色々な種類がありますが、お薦めのプラセンタをご紹介

馬プラセンタのお薦め!
プラセンタEX100
国産サラブレッドのみを使用し、アミノ酸含有量も豚プラセンタの296倍と魅力的!

豚プラセンタのお薦め!
プラセンタ100
なんといっても一日、4万箱を完売したという、豚プラセンタ!

羊プラセンタのお薦め!
MF3
医療専用の羊プラセンタを使用した、サプリメント!値段は高額ですがプラセンタ注射よりも安価です